ヴーヴレ(Vouvray)の甘辛度をわかりやすく解説!ロワールが誇るシュナンブランの魅力。

ワインの知識
記事内に広告が含まれています。

ヴーヴレの特徴とは

「AOCヴーヴレ」はロワール地方のなかでも代表的な白ワインの産地と知られる。ヴーヴレの大きな特徴は<辛口から甘口まで幅が広く、微発泡や発泡性も認められている。※発泡性は瓶内二次発酵が義務付けられている>こと。

甘めで優美なワインからドライでフレッシュなスタイルまで幅広い表情を見せるのがヴーヴレワインの特徴である。また、長期熟成に耐えうるワインも多く見られる。

ヴーヴレの気候や風土

フランスのほぼ中央に位置するロワール川の中流に位置する。トゥーレーヌ地区の一部であり、シス川とブレンヌ川という2つの川のが合流する地域で霧が発生しやすい

貴腐菌が発生しやすい場所であるため、貴腐の恩恵を受けたワインも多い。

また、秋には日照が良くぶどうが良く熟すエリアとしても知られている。

ヴーヴレの甘辛度

ヴーヴレの残糖(ワインになった状態のときに1Lあたりに残っている糖分)は貴腐菌成熟度合いに大きく左右される。しっかりと糖度の残った年(良年)にはモワルーやリカルーなど甘口のワインが産出される。

ヴーヴレの甘辛度(残糖)は基本的には4つに分類される。

  • セック(Sec)
    ⇨6g前後の辛口
  • ドゥミセック(Demi-Sec)
    ⇨12g以上20g前後のやや甘口
  • モワルー(Moelleux)
    ⇨50g前後の甘口
  • リカルー(Liquoreux)
    ⇨モワルー以上の甘さ

    ※すべて1Lあたりのグラム数

これらの分類はヴーヴレの非公式な分類であり、厳密に定まっていないように感じる。

探してみるとモワルーという表記で120gというヴーヴレもあれば、20g程度のヴーヴレもある。また、リカルー(Liquoreux)という表記はあまり使われていない。

あくまで目安ではあるが、セックは辛口ドゥミセックはやや甘口モワルーは甘口と覚えると大きく認識とずれることはないように思う。

100g/Lほどになるとアルザスのヴァンダンジュタルティヴ200g/Lほどになるとセレクショングランノーブルに匹敵する甘さになるので、極甘口のモワルーも存在することになる。

ヴーヴレの偉大な生産者

ドメーヌ・ユエ Domaine Huet

ヴーヴレ ル モン モワルー 1ERE TRIE 2003

ドメーヌ・ユエは、レ・メイユール・ヴァン・ド・フランスが認めた「ロワール3ツ星生産者」フランス国内のコンクールで数多くのメダルを受賞し、無名だったヴーヴレの名を、フランスのみならず全世界に知らしめた立役者です。

おわりに

魅力的な白ワインを生産しているヴーヴレ。

甘口ワインの選択肢の中にあるとワイン選びの幅も広がり、さらに楽しくなると思います。もちろん辛口ワインの品質もとても高いので、ぜひお気に入りの生産者を見つけてください。

いかがでしょうか。今回はヴーヴレの甘辛度に焦点をあてて、解説してきました。

  • ヴーヴレの残糖を知りたい
  • レストランでオーダーするときに甘さの目安がわからない
  • 購入するときに甘辛度に悩む

といった方のお役に立てばと思います。最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

ソムリエに直接相談できるサービス

まちのちいさなワインショップ「すずきCELLAR」では公式LINEを使って直接ソムリエに相談が可能です。

  • ギフトを送りたいけど…どんなワインにしていいかわからない
  • コスパのいいワインを紹介してほしい
  • 濃い赤ワインある?
  • バーベキュー用のワインをまとめてセレクトしてほしい

など、LINEを使ってソムリエとやり取りしながらワインを選ぶことが出来ます。

どんなワインを購入したのか分かりやすいようにワインのデータシートをお送りしています。
(集めるのも楽しいです)

お気軽にお問合せ下さい。