畑沢ワインの会2022年3月11日-資料ページ - すずきCELLAR
ワインの知識

畑沢ワインの会<シャトーメルシャンのワインを飲む会>2022年3月11日-資料ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

シャトーメルシャンワイン会ラインナップ

椀子ソーヴィニヨン・ブラン ミッドナイト ハーベスト アンウッデッド 2020

長野県上田市にある『椀子ヴィンヤード』のソーヴィニヨンブランを使用。ぶどうの香り成分が最も高いとされる深夜の内に収穫。その香りとポテンシャルを存分に活かすため木樽は不使用。(アンウッデッドの名の通り)

シャトーメルシャン プレステージパスポート資料より引用

ワインDETA

産地:長野県上田市椀子ヴィンヤード
品種:ソーヴィニヨンブラン
栽培:垣根式
収穫:9月上旬
醸造:ステンレスタンク 18℃13日
育成:ステンレスタンク 6か月

テイスティングコメント

やや緑のニュアンスを帯びたイエローの色合い。グレープフルーツの柑橘系やツゲのアロマに加えて、南国のフルーツのニュアンスを感じる。爽やかな酸味が全体を引き締める。

椀子(まりこ)ヴィンヤードとは

メルシャンが自社栽培をする地を探し求めた結果、たどり着いた土地。粘土と礫が合わさった地質。日照量や降水量の少なさも適しており、高品質な国際品種を栽培。

相性の良い料理

シーザーサラダ、カプレーゼ、ジェノベーゼなど

新鶴アルバリーニョ 2020

2020年は梅雨明けから真夏日が続き、その後の収穫まで雨が少なくとても良い年となった。香りは豊かでレモンやオレンジなどの複雑な柑橘の香りが感じられ、口中はアルコールと酸のバランスがよく、しっかりした酸が骨格を支え長い余韻が続くワインです。
柑橘を添えた滋味豊かな味わいと相性がいいワインです。

シャトーメルシャン プレステージパスポート資料より引用

ワインDETA

産地:福島県会津美里町新鶴地区
品種:アルバリーニョ主体
栽培:棚式
収穫:9月下旬
醸造:ステンレスタンク 18℃14日
育成:ステンレスタンク 7か月

テイスティングコメント

輝きのあるレモンを帯びたイエローの色合い。香りは豊かでレモンやオレンジなどの複雑な柑橘の香りを感じる。口中はアルコールと酸のバランスがよく、しっかりした酸が骨格を支え長い余韻が続く。

新鶴地区について

福島県会津美里町に位置。メルシャンでは最も古い歴史を持つ契約栽培地のひとつ。1976年からシャルドネを育てている。砂礫質。

相性の良い料理

生ガキのレモン添え、アサリのワイン蒸し、鴨のロースト オレンジソース

三珠甲州 グリ・ド・グリ 2020

山梨県市川三郷町 三珠(みたま)地区にある甲州を、皮や種ごと赤ワインのように醸し発酵した、いま世界的にも人気の高い「オレンジワイン」タイプのワインです。
白ワインと赤ワインの中間のワインで、お魚にもお肉にも合わせやすいしっかりとした味わいです。赤ワインと同じ仕込みをしていますので、お飲みなる1時間ほど前に冷蔵庫から出して、少し高めの温度で飲んでいただけると、香りと口当たりが良くなります。

シャトーメルシャン プレステージパスポート資料より引用

ワインDETA

産地:山梨県市川三郷町三珠地区
品種:甲州
栽培:棚式
収穫:9月下旬
醸造:ステンレスタンク 24-28℃14日
育成:オーク樽 7か月

テイスティングコメント

明るいオレンジの色合い。リンゴのコンポートやダージリンティー、バラの香水を思わせる香りなど、複雑で魅力的な香りが立ち上がる。甘草など甘いスパイスのニュアンスも感じられる。豊かな酸と、醸し発酵に由来する甲州ぶどうの複雑な味わいやタンニンの厚みが香りと調和する。アフターに紅茶とバラの香りが心地よく続く。

グリ・ド・グリとは

「グリ・ド・グリ」はGris de Grisと書く。 シャンパーニュのブラン・ド・ブランBlanc de Blancsが白ブドウ(シャルドネ)で造った白、という意味を表すが、こちらは果皮がピンク色をした甲州ブドウがフランスではグリ(灰色)ブドウと呼ばれることからの命名。

相性の良い料理

八宝菜、野菜のかき揚げ、筑前煮など

北信右岸シャルドネ リヴァリス 2019

シャトー・メルシャンの白ワインの最高峰「北信左岸シャルドネ リヴァリス」「北信右岸シャルドネ リヴァリス」から、右岸で作られたワインをお届けします。『リヴァリス』とはラテン語で「川」を意味し、千曲川を挟んだ左岸・右岸のワインが、高い品質で並んでいることに由来しています。
このワインは、パイナップル、グレープフルーツなどの黄色い果実、マンゴーなどのトロピカルフルーツ、ヴァニラやアーモンド、トーストなどの樽由来の香りが柔らかく調和し、心地よい酸と豊かな果実感が口中に広がり、長い余韻にミネラルのニュアンスを感じる味わいです。

シャトーメルシャン プレステージパスポート資料より引用

ワインDETA

産地:長野県北信右岸地区
品種:シャルドネ
栽培:垣根式
収穫:9月下旬-10月中旬
醸造:オーク樽 19-21℃14日
育成:オーク樽 6か月

テイスティングコメント

輝きあるレモンイエローの色合い。パイナップル、グレープフルーツなどの黄色い果実、マンゴーなどのトロピカルフルーツ、ヴァニラやアーモンド、トーストなどの樽由来の香りが柔らかく調和する。心地よい酸と豊かな果実味が口中に広がり、長い余韻にミネラルのニュアンスを感じる。

千曲川流域について

長野県北部千曲川流域を中心とした傾斜地にぶどう畑が点在。千曲川の沖積土壌は排水性が高く、降水量も少ない。昼夜の温度差も大きくシャルドネの適地として知られている。ちなみに左岸は粘土質で右岸は礫多め。

相性の良い料理

白身魚のムニエル、地鶏とキノコのホワイトソースなど

桔梗ヶ原メルロー ロゼ 2020

桜の花のような淡いピンクの色合い。サクランボやスモモのような赤い果実、白桃、バナナなどの香りの中に、ほのかに桜の花のような香りが感じられる。心地よい酸を感じた後、柔らかい果実味が広がる。さまざまな料理と相性の良い、辛口ロゼ。

キリンドリンクスより https://drinx.kirin.co.jp/wine/chm/kikyorose19/

ワインDETA

産地:長野県塩尻市桔梗ヶ原地区
品種:メルロー
栽培:棚式および垣根式栽培
収穫:10月上旬-中旬
醸造:ステンレスタンク 18℃14日
育成:ステンレスタンク 7か月

桔梗ヶ原地区について

長野県塩尻市に位置し、1976年からメルロを栽培。1989年初リリースの「シャトーメルシャン 信州桔梗ヶ原メルロー1985」がリュブリアーナ国際ワインコンクールで大金賞を受賞。いまでは日本を代表するメルロの産地として世界から高い評価を受けているエリア。

相性の良い料理

桜ますのスモーク、車海老の炙り焼き、アスパラや春筍のフリットなど

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る