ワインの知識

クレマンドサヴォワ(ClemantSavoie)とは?ソムリエが解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事ではクレマン・ド・サヴォワについて解説しています。

  • クレマンドサヴォワとは
  • クレマンドサヴォワのルール
  • クレマンドサヴォワの特徴
  • 代表的なクレマンドサヴォワ

について紹介していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

クレマンドサヴォワとは

A.O.C.ヴァン・ド・サヴォワまたはサヴォワのエリアにおいて、地理的名称エーズの対象となる3ヵ村を除く52市町村に認められた、瓶内二次発酵による発泡性の白の総称。単独のA.O.C.ではなく、A.O.C.ヴァン・ド・サヴォワまたはサヴォワの付則条項である。

2022日本ソムリエ協会教本J.S.AソムリエJ.S.A.ワインエキスパート P431より引用

上記を簡単にまとめると「フランス・サヴォワ地方にあるワインの名産エリア(ACヴァン・ド・サヴォワ)にある52市町村で規定のもとに生産される発泡性の白ワインの呼称」となります。

クレマンはフランス各地で8つほどのエリアが認められている作り方が細かく規定されている(瓶内二次発酵など)スパークリングワインの一種です。そのうちの1つがクレマン・ド・サヴォワです。

シャンパンとクレマンの違いはこちらから


※ACヴァン・ド・サヴォワはシャンベリーからジュネーヴ近郊までの56市町村で認められているワイン産地であり、赤.白.ロゼ.発泡性ロゼが認められている。その付則AOCとして「クレマン」がある。

※地理的名称エーズ ⇨ グランジェという土着品種を主要品種とし、ワインを作っているエリア。発泡性の白ワインも「エーズ」の名前で認められており、グランジェを70%以上使うことが決められている。

AOCという規律でクレマンドサヴォワにはいくつかの条件が定められています。さっそく順番に解説していきたいと思います。

クレマンドサヴォワが作られる場所

フランス・サヴォワ県
フランス・オート=サヴォワ県

フランスのサヴォワ地方にある52市町村で生産されたワインだけ「クレマンドサヴォワ」を名乗ることが可能です。

サヴォワ地方はフランス東部にあるサヴォワ県とオート=サヴォワ県を併せたエリアです。スイス、イタリアと国境を接しています。ワイン産地としてはスイスにあるレマン湖の南部からシャンベリー(サヴォワの都市)にかけての丘陵地に広がっています。

全体のワイン生産のうち、白ワインが70%ほどを占めるワイン産地です。

クレマンドサヴォワの生産に認められているのは10種類のぶどう品種です。

クレマンドサヴォワのぶどう品種

白ぶどう

ジャケール、アルテス、アリゴテ、シャルドネ、モンドゥーズブランシュ、シャスラ、モレット
(シャスラとモレットはスイスに近いオート・サヴォワ県のみ使用可能)

黒ぶどう

モンドゥーズ、ガメイ、ピノノワール
(ベースワインに使える黒ぶどうは20%以下)

クレマンドサヴォワの製法

クレマンドサヴォワではシャンパーニュと同様に伝統的な瓶内二次発酵(メトード・トラディショナル)で作られたもののみが認められています。

瓶内二次発酵とは

シャンパーニュの伝統的なスパークリングワインの製法。瓶の中にスティル・ワイン(泡の無いワイン)を入れ、二次発酵を起こして瓶内で炭酸ガスを発生させる方法です。瓶内で泡を発生させ、長期間保存することで液中に炭酸ガスがよく溶け込み、きめ細かい気泡を作ります。そのためクリーミーでエレガントな高品質ワインが出来上がります。

クレマンドサヴォワの熟成期間

クレマンドサヴォワでは熟成期間にも規定があります。

  1. 滓の上での瓶内熟成期間は9か月以上
  2. 消費者への販売は瓶詰めから早くとも12か月後

サヴォワ地方について

サヴォワ地方の都市

サヴォワ県は305のコミューンで構成され、その中でも人口の多い都市はシャンベリとエクス=レ=バンです。シャンベリ周辺は前述のクレマンドサヴォワの生産エリアに認定されています。

サヴォワ地方の特産品

アルプス山脈にほど近く標高の高いサヴォワの名産はチーズです。丘陵地帯で育つ牛のチーズが世界的にも人気が高く、特にボーフォール・アルパージュは「最高級」「個性的で希少」など高い評価を得ています。

名産はチーズ

ボーフォール

チーズのプリンスと称される大型のハードタイプのチーズ。昔ながらの山のチーズで、アボンダンス種またはタリン種という牛の生乳から作られます。標高800m以上の高地で放牧された牛のミルクは芳醇で複雑な味わいになります。

トム・ド・サヴォワ

牛の全乳製セミハードタイプの農家産チーズ。 ”トム”とはサヴォワ地方では一塊のチーズのことで、中型のごろっとしたチーズのこと指します。 このチーズは特に冬の時期、大型のチーズを作るには十分な乳が得られない時に、伝統的に家庭で消費するチーズとして作られていました。たくさんあるトムの中でも”サヴォワのトム”と名乗るトムの代表的存在。 カビをまとった荒々しい姿ですが、味わいはクリーミーです。

おすすめのクレマンドサヴォワ

ジャン・ペリエ・エ・フィス クレマンドサヴォワ

生産者:ジャン・ペリエ・エ・フィス
  国:France (フランス)
 地域:Savoie (サヴォワ)
 品種:ジャケール85% シャルドネ15%
 タイプ:White (白)発泡
 度数:12.5%
 容量:750ml

クレマンドサヴォワはスパークリングワインとは違うのか

スパークリングワインは発泡性ワインの総称

スパークリングワインはフランスのクレマンやシャンパン、スペインのカヴァやイタリアのプロセッコなど発泡性ワイン全体のことを指します。

クレマンとシャンパンの違い、クレマンとスパークリングの違いははこちらの記事で解説していますのでごらんください。

おわりに

この記事ではクレマンドサヴォワの規定や作り方、サヴォワ地方の場所や特産品も合わせて紹介してきました。

  • クレマンドサヴォワとは
  • クレマンドサヴォワのルール
  • クレマンドサヴォワの特徴
  • 代表的なクレマンドサヴォワ

などを理解し、いま人気のあるクレマンドサヴォワにさらに興味を持って頂けたら幸いです。最後までご覧いただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る