シャンパンのボトルの大きさを解説!ジェロボアム以上を知っている人はシャンパン通!?
ワインの知識

シャンパンのボトルの大きさを解説!ジェロボアム以上を知っている人はシャンパン通!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

シャンパンのボトルサイズ

名称容量
カール200ml
ドゥミ375ml
ミディアム(またはパイント)500ml
レギュラーサイズ750ml
マグナム1500ml(レギュラーサイズ2本分)
ジェロボアム3000ml(同4本分)
レオボアム4500ml(同6本分)
マチュザレム6000ml(同8本分)
サルマナザール9000ml(同12本分)
バルタザール12000ml(同16本分)
ナビュコドノゾール15000ml(同20本分)
サロモン18000ml(同24本分)
スーヴェラン26250ml(同35本分)
プリマ27000ml(同36本分)
メルキセデックまたはミダス30000ml(同40本分)
参照元:CIVC=シャンパーニュ地方生産同業委員会

シャンパーニュ地方では19世紀以降にさまざまなサイズのボトルが登場しました。

このさまざまなサイズのボトルには聖書からとった名前が付けられていますが、そのような名前がなぜ、誰によってつけられたかはわかっていません。

さまざまなサイズのボトルを取り揃えることで、シャンパーニュを味わうどんなシーンにもふさわしいボトルを用意することが可能です。

フランスではボトルサイズの総称をフラコナージュ(Flaconages)と呼んでいます。上記のマチュザレムやジェロボアムなどのサイズの総称を指した言葉です。

ボトルサイズがワインの熟成に及ぼす影響

シャンパーニュはカーヴで熟成する際に、ほとんどの場合は王冠でボトルに仮栓をします。仮栓時は完璧な密閉性はなく、微量に炭酸ガスが漏れて代わりに空気が入ります。

ボトルサイズが大きくても、瓶口は同じサイズのため、入る空気の量はどの大きさのボトルもほぼ同じ。そのため、ボトルの中の液体が多ければ多いほど酸化が遅いということになります。

大きいボトルのほうが、より長期の熟成に向いています。

マチュザレム以上は購入できるの?

通常のワインショップではマグナムボトルまでの在庫のところが多いです。オンラインショップで購入するのがおすすめです。マチュザレム以上のサイズのボトルはもともと瓶詰される本数も少ないため、在庫に限りがある場合がほとんどです。

気になるワインを見つけたら早めに購入するのが吉です。また、詐欺や偽物などの心配もあるので信頼できるワインショップから購入することをおすすめします。

下記のワインショップは信頼できるお店です。

マチュザレム

言わずと知れたモエ・エ・シャンドンのマチュザレム。

サルマナザール

グラン・シエクルが非常に高評価を受けているローラン・ペリエのサルマナザール。

ナビュコドノゾール

圧巻の15リットル。

おすすめのビオディナミシャンパン

近年はシャンパーニュ地方もオーガニックでサスティナブルなワイン作りが行われています。

その中でも「ビオディナミ」という自然なスタイルでシャンパン作りを行っている生産者のシャンパンを紹介します。

ユベール・ノワレ Brut

≪商品情報≫
生産者:ユベール・ノワレ Hubert Noiret
生産国:フランス/シャンパーニュ
ぶどう:ムニエ56% ピノ・ノワール32% シャルドネ12%
容量:750ml
アルコール:12%
特徴:染みわたるような印象。ムニエ由来の柔らかさとベリーの香味がよく表れています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る