贈り物・クリスマスギフトに喜ばれるおすすめシャンパン3つを紹介!
贈り物・クリスマスギフトに喜ばれるおすすめシャンパン3つを紹介!

贈り物・クリスマスギフトに喜ばれるおすすめシャンパン3つを紹介!

なぜギフトにシャンパンが人気なのか

<特別>な印象を与えるシャンパン

シャンパンと呼ばれる発泡性のワインはクリスマスやお祝い事など特別なタイミングに贈ることが非常に多いワインです。
Champagne(シャンパンやシャンパーニュとも)は古来より王様の戴冠式や新型船の進水式などで使用されてきました。

また、シャンパンの製造上に「門出のリキュール」と呼ばれるリキュールを加える工程があります。この工程を終えて、やっと出荷されるためにシャンパンは門出を祝うワインとしての側面も持ち合わせています。
結婚式やお祝い事で重宝される理由もよくわかりますね。

毎年やってくるクリスマスも特別な日。わくわくな雰囲気や高級ディナー、プレゼントなど、やはりシャンパンもよく似合いますね。

丁寧に丁寧に作られている

じつはスパークリングワインの作り方は1つだけではありません。さまざまな方法で作られています。
わかりやすく申し上げると<後から炭酸ガスを加えたもの>から<自然に生まれた炭酸ガスのもの>の2パターン。
※シャンパーニュは瓶内二次発酵(作り方)が義務付けられています。

シャンパンは作り方がとても細かく規定されていて、その規定を守らない場合はシャンパンと名乗ることが出来ないようになっています。
いわゆるブランドということですね。

細かな作り方は割愛しますが、1本1本丁寧に管理され生産されているということです。

シャンパンがプレミアムなギフトに選ばれることが多いのはこのためです。

生産地や収穫量が限られている

ワイン法という法律で収穫量や栽培地域が限定されています。なのでワインの生産量をいきなり増やしたりすることはできません。
シャンパーニュと呼ばれるエリア外のぶどうはもちろん使うことはできないのです。

シャンパンと呼ばれるスパークリングワインはごく一握りであるため、贈り物やギフトにおいては特別感を演出することが出来ます。
やはりシャンパンを頂くととてもうれしい気持ちになります。

クリスマスギフトの王道 『シャンパーニュ』スパークリングワインとの違いは?

そもそもスパークリングワインと何が違うの?と思われた方も多いと思います。
とあるアンケートでは20代の50%ほどは違いがわからないというデータが出ていました。

非常に簡潔に説明するならば
【シャンパーニュ地方で規定通りに作られたスパークリングワイン】のことをシャンパンまたはシャンパーニュと呼ぶことが出来ます。
※最近はロシアでロシア産スパークリングワインのみをシャンパンと呼ぶ法律が出来たようですが…

このことだけご存じであれば、最低限シャンパンについて理解できていると思います。

今回はおすすめ銘柄を紹介させていただくのがメインですので、詳しくは解説しているページなどでご覧ください。

記事を読む

贈り物・クリスマスギフトにおすすめのシャンパン3つ

シャルル・エドシックNV(化粧箱付)

¥7300→¥6935(いまなら5%OFF)

しっかりしたシャンパーニュが好きな方にはとてもおすすめの1本。
深みあるある味わいと力強さが特徴的。

ユベール・ノワレ ブリュットNV

¥5200→¥4940(いまなら5%OFF)

ビオディナミの生産者。科学的な農薬は使わず、自然のエネルギーを活かしてワイン作りを行う。
ピノ・ノワール多めで赤系果実&スパイシーな1本。
食事によく合います。

ラリエR013 ブリュット(化粧箱付)

¥6600→¥6270(いまなら5%OFF)

老舗シャンパーニュ。ほぼ2013年のぶどうを使ったミレジメに近いスタイル。
熟成感、フレッシュさ、エレガントさのバランスが絶妙。
シャンパーニュ好きに贈ると喜ぶであろう1本。

<ギフトボックス付き>限定3個なのでお早めに。

≪合わせて読みたい≫

記事を読む